活動紹介

■  担当:専務理事 瓦野 光貴 (近畿)

総務委員会

委員長 :朝間 健至 (近畿)


総務委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 会議の準備、運営庶務全般、会員情報の管理(会員団体・会団事務局の名簿作成と管理)

2) 文書、帳簿類の管理

3) 日本木青連資産の管理

4) 事務局に関する業務

5) 情報伝達の改善(理事会参加率の向上)

6) 理事会後の「命の30分」の企画と実施

7) 会員との親睦に関する事項

 

財務委員会

委員長 :向殿 長敏 (関東)


財務委員会では、以下のような活動を行っています。

1) 財務関係全般

2) 事業収支に関する事項

3) 収支予算決算の管理

4) 予算執行状況の管理 

 

全国大会実行委員会
委員長:横尾 幸政 (近畿)


全国大会実行委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 第62回 全国会員近畿大阪大会の企画と実施

2) 各委員会の1年間の活動成果の発表

3) 新しい文化の発表と発信

4) 会員交流の推進と地区・会団交流の促進をはかる

■ 担当:副会長 三橋 真一(関東)

木材利用推進委員会

委員長:友松 功  (東海)

 

木材利用推進委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 木材普及・推進に関する活動及び情報発信

2) 「環境憲章」および「環境行動計画」の周知・普及の徹底と更新

3) 木づかいCO2 固定量認証制度の普及拡大(環境問題対策)

1. 新しい文化の成果物に対する「木づかいCO2固定量認証」の実施と外部へのPR

2. 木材活用コンクール受賞作品に対して、使用された木材の「木づかいCO2固定量認証」を無料で算定し、認証書を発行することの検討

3. 地区協議会と連携し、木材炭素固定量認証マイスター講習講座及び試験の2回程度の実施

4) 行政および業界団体との研修企画(情報交換会)

5) 景況調査に関する事項全般

 

■ 担当:副会長 浅岡 秀哉(近畿)

広報委員会

委員長 :岩城 努  (東海)


広報委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 会員向けおよび対外的な広報活動全般

2) 日本木青連会員の活動情報収集および発信

3) 異業種交流委員会と連携し、新しい文化を内外に情報発信する

4) 理事会のおける各委員会活動のビジュアル的な報告

5) 電子媒体を利用したウッディレターの編集および配信

6) ホームページ「木青NET」管理・運営、また木に関する資料収集および活用

7) PRカレンダー、木質化カレンダーの販売および企画

8) 景況調査のウッディレター記載に関する事項

ウッディレター
ウッディレター

木材活用委員会

委員長: 三谷 州平 (九州)


木材活用委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 第20回 木材活用コンクールの企画、運営および持続するための検討

2) 木材活用コンクールにおいて異業種交流委員会と連携し、新しい文化を評価し表彰する

3) 新しい文化をコンセプトの中心に置いた新たなCOOL WOOD JAPANの作成(担当会長補佐と連携)

4) 設計士との情報交換会

5) 新しい文化を外部へ情報発信する展示会への出展

木材活用コンクール審査会の様子
木材活用コンクール審査会の様子

■ 担当:副会長 笹岡 輝久(中四国)

木育推進委員会

委員長:野崎 健太郎(中四国)


木育推進委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 第41回 全国児童・生徒木工工作コンクールの実施

2) 各地木工工作事業、コンクールの支援

3) 異業種交流委員会と連携し、新しい文化の木育プログラム教本の開発と教育現場への落し込みの検討

4) 木育の普及(木育教本「ウッドストーリー」の活用/訪問授業の検討)

木工工作コンクール審査会の様子
木工工作コンクール審査会の様子

異業種交流委員会

委員長: 中村 隆章 (近畿)


異業種交流委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 異業種との交流を通じた新しい文化の創造

2) そのモデル製作と体験できる企画の運営・実施

3) 行政含め外部関係団体への情報発信

4) 全国展開にむけた企画立案

 

防災対策委員会

委員長: 久々山 大樹(近畿)


防災対策委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 木造の応急仮設施設の設計とその制度化の検討

2) 木造の応急仮設施設に必要な資材の備蓄化の検討

3) その他防災対策の立案と実施

4) 災害時の相互連絡網の完備と支援

■ 担当:副会長 丸 敏幸 (近畿)

政策提言委員会 (前 木青連オリンピック支援委員会)

委員長:田野 巧一郎(関東)


政策提言委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 異業種交流委員会と連携し、新しい文化に関して政府・行政へ提言する

2) 防災対策委員会と連携し、検討後の木造応急仮設施設の制度化・資材の備蓄化について政府・行政へ提言する

3) 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた日本木青連活動の検討

4) 上記競技大会会場周辺に、新しい文化を体験するための施設建設に関しての提言を検討する

5) 分科会である政策提言部会(平成23年発足)との相互連携活動

■ 担当:副会長 貴多野 秀史(近畿)

60周年記念事業委員会

委員長:市之瀬 嘉樹(関東)


60周年記念事業委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 平成28年10月13日に創立60年を迎えるに当たり、先輩諸氏が積み重ねた歴史を次世代へ継承する 取組みの企画立案

2) 組織繁栄のための情報を共有し、組織の永続を誓う取組みの企画立案

3) その企画の運営・実施

 

木青連活性化委員会

担当:荒井 浩   (関東) ※代行副会長 兼務

 

木青連活性化委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 平成29年度の活動を見据えた企画の検討

2) 各地木青連活動における課題解決のための支援、情報提供

3) 全地区、及び各会団における活動の交流、親睦を通じ、相互の啓発を図るとともに、会団活動の活性化及び、会員数の向上等を目指す

 

木青連の山管理運営委員会

担当:越井 潤  (近畿) ※会長 兼務

 

木青連の山管理運営委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 静岡県に所在する木青連の山の管理および維持

2) 上記の活用に向けたビジョン策定

 

木材産業振興基金特別委員会

担当:下荒 隆晴 (北信越) ※直前会長 兼務

 

木材産業振興基金特別委員会では、以下のような活動を行っています。
1) 特別会計としての基金の管理

2) 上記活用に向けたビジョン策定

協賛企業一覧

北海道

松原産業株式会社
松原産業株式会社
株式会社ヨシダ
株式会社ヨシダ

東北

有限会社マルヒ製材
有限会社マルヒ製材
株式会社 ダイテック
株式会社ダイテック

関東

(株)日刊木材新聞社
(株)日刊木材新聞社
JKホールディングス株式会社
JKホールディングス株式会社

北信越

株式会社シモアラ
株式会社シモアラ

近畿

越井木材工業株式会社
越井木材工業株式会社
有限会社ユニテックス
有限会社ユニテックス
株式会社高雄木材工業所
株式会社高雄木材工業所
株式会社丸産業
株式会社丸産業
林木材株式会社
林木材株式会社

九州

木脇産業株式会社
木脇産業株式会社
有限会社高田製材所
有限会社高田製材所
外山木材株式会社
外山木材株式会社
株式会社アサモク
株式会社アサモク
高島グループ
高島グループ
三谷木材産業株式会社
三谷木材産業株式会社

日本木材青壮年団体連合会事務局

〒135-0041

東京都江東区冬木6-14

飯沼ビル102

 

TEL:03-5620-4806

FAX:03-5620-4809