第41回 全国児童・生徒木工工作コンクール

テーマ 「 あれも木、これも木。どんなのつくる?」

日本人は昔から木とともに生活をしてきました。縄文時代の頃から、日本人は木の種類や性質を上手に使い分けて利用していたと言われています。また、生活の基盤となる住宅、生活道具、工芸品などそれぞれの時代の生活文化や生活様式を代表するものの多くが木製でありました。世界最古の木造建築物である法隆寺や、世界最大の木造建築物である東大寺大仏殿は有名なところです。

 

また現在でも、木は生活の中に浸透しています。温もりの感じる木の家や家具、木製品はもちろんのこと、アロマオイルや芳香剤などリラクゼーション関連の商品としても木は活用されています。

このように、木は過去から現在まで時代とともに進化しながら、様々な用途で利用されています。さらに、今後も、自然素材として、また再生可能資源として将来的にも活用が期待されています。

   

そこで、本年度の全国児童・生徒木工工作コンクールでは、未来を担う多くの子供たちが、今の子供ならではの発想力から、昔の子供が思いつかなかった新しい物を作って欲しいという思いと、木工工作を通じて感受性や創造性に富んだ社会人に成長してくれることを願い、このテーマで開催させていただきます。

 

◆ 審査委員ご紹介

◆委 員 長

全国造形教育連盟

 

◆委   員

教育行政関係者

林野行政関係者

日本放送協会(NHK)

全国木材組合連合会

日本木材青壮年団体連合会

日本木青連 木育推進委員会

(敬称略・順不同)

 ※その他 審査会実施地近郊の造形教育に係わる方を若干名予定しています。

 

◆ PR用ポスター

第41回全国児童・生徒木工工作コンクール 案内ポスター
第41回木工工作コンクールポスター.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 16.2 MB

◆ 応募概要

※詳細は以下の「趣意書・実施要綱」をダウンロードの上ご覧ください。 

第41回全国児童・生徒木工工作コンクール 趣意書
H28趣意書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 112.0 KB
第41回全国児童・生徒木工工作コンクール 実施要綱
第41回実施要綱.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 260.3 KB

◆ 応募に関して

この全国児童・生徒木工工作コンクールは、原則的に直接応募ではなく、各都道府県の予選がございます。(主として小中学校の夏休み以降の、各都道府県単位の児童・生徒木工工作コンクールがございます。)

各都道府県の木材青壮年団体を窓口にして出品されますので、事前にご確認いただきますようお願い申し上げます。

 

◆応募日時

応募は、各都道府県の木材青壮年団体の会団が対応させていただきます。

平成29年1月6日から平成29年2月3日までに、所定の応募用紙により申し込みして下さい。

※全国審査の作品の搬入は、必ず当委員会が指定する期日、場所までお願いします。審査会作品発送要項は、平成28年12月頃会団長宛に連絡します。

 

◆ 過去の受賞作品紹介

協賛企業一覧

北海道

松原産業株式会社
松原産業株式会社
株式会社ヨシダ
株式会社ヨシダ

東北

有限会社マルヒ製材
有限会社マルヒ製材
株式会社 ダイテック
株式会社ダイテック

関東

(株)日刊木材新聞社
(株)日刊木材新聞社
JKホールディングス株式会社
JKホールディングス株式会社

北信越

株式会社シモアラ
株式会社シモアラ

近畿

越井木材工業株式会社
越井木材工業株式会社
有限会社ユニテックス
有限会社ユニテックス
株式会社高雄木材工業所
株式会社高雄木材工業所
株式会社丸産業
株式会社丸産業
林木材株式会社
林木材株式会社

九州

木脇産業株式会社
木脇産業株式会社
有限会社高田製材所
有限会社高田製材所
外山木材株式会社
外山木材株式会社
株式会社アサモク
株式会社アサモク
高島グループ
高島グループ
三谷木材産業株式会社
三谷木材産業株式会社

日本木材青壮年団体連合会事務局

〒135-0041

東京都江東区冬木6-14

飯沼ビル102

 

TEL:03-5620-4806

FAX:03-5620-4809